レーシック口コミ比較

白内障について

視力は年齢とともに衰え、色んな症状が出てきます。よく耳にするのは、老眼や白内障などがあげられます。老眼に関しては、焦点を合わせる為の目の筋力が弱まり、起きる症状です。
特に老眼に関しては、40代から50代になってから症状が出るので、その前に施術する分には問題はありません。

 

心配なのは白内障です。白内障とは、目の水晶体という部分が濁ってしまう病気です。これにより視界がまぶしく感じたり、しろっぽいもやがかかったようになり、かすんで見えてしまいます。

 

白内障は、薬剤治療と手術による治療法があります。まずは薬剤治療からはじめる人が多いですが、完全に水晶体の濁りはとめることができません。よって最終的に手術する患者さんが多いです。
手術方法は水晶体を取り除き、眼内レンズを代わりにいれる方法になります。

レーシック手術後に白内障の手術は?

目に対して何度も手術できるのかということは、とても心配になるところです。特に何かあった場合は、失明など日常生活に大きく支障を出すからではないでしょうか。
基本レーシックの施術後に白内障になったとき施術は可能だといえます。

 

ただ注意点もあります。
白内障の手術を受けるにあたり、レーシックの施術前のデータが必要になるということです。白内障で使う眼内レンズをどれにするかは、レーシック前のカルテが必要なのです。

 

データーがない場合は眼内レンズの調整が難しく、白内障の施術をしても再手術になる可能性が高くなります。レーシックを受けた病院でカルテのデータを用意してもらう必要があります。

 

また若くしてレーシック施術をする場合、その病院が数十年先まであるとは限りません。なので、レーシックの施術前のカルテのデータなどをコピーして保存しておくとよいでしょう。

page top