神戸神奈川アイクリニックの口コミ

神戸神奈川アイクリニックの口コミそして評判

神戸神奈川アイクリニックの口コミで一番多く寄せられているのは何といっても生涯保障です。レーシック業界の中で平均して長くて10年から15年の保証期間を設けている所が多いです。

 

神戸神奈川アイクリニックはレーシック界の中では唯一、一生無期限の保障を設けていることです。この生涯保障で有名になったといっても過言ではありません。

 

レーシック手術が始まってからレーシック難民といった言葉をよく耳にします。
レーシック難民は、レーシック後の再手術などが受けれないなど、受け入れ先がない患者のことを表す用語です。このことからレーシック手術が敬遠されるようになってしまいました。

レーシックの話を聞く子供

 

しかし長年乱視やメガネやコンタクトによる頭痛や煩わしさから解放されたいという人は多いです。そんな方にとって万が一の時に一生保障してもらえる神戸神奈川アイクリニックを選ぶ決め手になっています。

神戸神奈川アイクリニックのアイレーシック

アイレーシックは神戸神奈川アイクリニックが一番得意としている施術方法です。アイレーシックとは個々に合わせたレーザー治療のとこです。生涯保障があるので口コミでも一番選ばれるきっかけになっています。

 

また多くの芸能人やスポーツ選手・著名人が施術を受けています。中でも口コミで評判になった、堀江貴文さんがアイレーシックをうけている動画が掲載されているのは特徴的です。

 

そのくらいから神戸神奈川アイクリニックの評判もかなり良くなってきたように思います。

 

手術の様子が明確に分かり恐怖感もありますがここまで公開しているHPはありません。それだけアイレーシックという施術に自信があるということです。

過去に失敗した例はありますか?

レーシックによる失明の事例は今までありません。レーシックの施術自体そこまで危険なものではありません。心配されるのは、手術における感染症と術後のケアの仕方です。

 

神戸神奈川アイクリニックではアイレーシックで施術した方は生涯保障をしています。近視の戻りによる再手術や術後の検診や相談が無料です。

 

そこまでのアフターケアができるということはそれだけ失敗も少ないということではないでしょうか?

 

また厚生労働省で認められたレーザーのみ使用しているので、未然危険な医療行為を防ぐように心がけています。そしてサポート体制においては24時間電話相談に応じられるように術後の電話相談室を設けています。

 

目はデリケートなものなので何かあったときにはすぐに相談できる環境は安心することができます。

 

神戸神奈川アイクリニックの評判と特徴
神戸神奈川アイクリニックは、2011年に神戸クリニックと神奈川アイクリニックが統合して称号が変わりました。よって国内最大規模の視力矯正のクリニックグループ会社になりました。

 

店舗数に関しても全国にあり店舗数の多さはトップクラスだといえます。現在は新宿院・広尾院・名古屋・三宮・大阪院・梅田院・札幌・北九州の小倉・福岡の天神の9つの医院で運営されています。

口コミでみるレーシックのメリット

医者

レーシックを受けるメリットとデメリットを口コミから抽出して大まかにまとめてみました。

 

やはり、レーシックを受けることでの、喜びの声として一番よく聞かれるのは、劇的な視力の回復で眼鏡やコンタクトでの矯正よりもクッキリと見えるようになって感動したという口コミですね。

 

そういった視力矯正グッズが不要になることで、肩凝りなども軽減されるようです。やはり裸眼視力が良いというだけでそれはかなり大きなメリットになりますね。

 

コンタクトレンズは、手入れが大変だったり目にゴミが入ったりしたときなどには、普段よりも痛みが増しますからそういうことからも解放されます。

 

またこれだけメリットがあって、一生分のコンタクトレンズや眼鏡を作る代金を考えるとレーシックの方が安い可能性すらあるというところも魅力です。今は品川近視クリニックなど格安で、最新のレーシックを受けることができます。

口コミでみるレーシックのデメリット

デメリットとしては、やはい合併症や手術の失敗などのリスクが心配されています。

 

といっても、失敗というのは失明ではありません。レーシックの手術による失明の例というのは過去に例がありません。今後もレーシックの手術をしたというだけで失明をする例というのは出てこないのではないかと思われます。

 

そのくらい安全性の高い技術なのですが、失敗例として、視力が思うように回復しなかったパターンと、回復しすぎて過矯正と呼ばれる状態になり生活に支障をきたしてしまうという口コミは少数ですがあります。

 

視力があまり回復しなかった場合には、再手術も可能ではありますが過矯正ではそうはいかず、度の強い眼鏡をかけてくらくらするような状態になり苦しんでいるという方がいます。

 

こういったリスクは病院をしっかり選ぶことと、事前のカウンセリングをおろそかにしないことで防げるものですから、手術の前にしっかりとリスク排除できるようにしましょう。

更新履歴
page top